離婚調停成功マニュアル

家庭裁判所に離婚調停の申し立てをする場合の進め方について

 

ここでは、家庭裁判所に離婚調停の申し立てをする場合の進め方についてみていきましょう。

 

まず、相手側に申し立てをする事を伝えるべきかどうかですが、これはどちらでも構いません。話せる関係なら話しておいて良いですし、話したくないなら無理に話す必要はありません。

 

申し立てをすると書類が双方に届きますが、この際に相手から連絡ないまま当日を迎えるという事もあります。

 

離婚調停では、話し合いで双方の納得のいく結論を出していく事になりますが、夫婦間ではなく調停員が間に入って話を進める形になるため、調停員に事情を分かってもらい味方に付けられると有利になります。

 

また、もし調停中に相手側から希望に沿うような条件が提示された場合、途中で調停を行う事を取り下げという形でストップする事ができます。

 

また、離婚調停では弁護士は必要ありませんが、出された結論や条件に納得がいかない場合は裁判という進め方になり、この場合は弁護士を立てた方が良いでしょう。

家庭裁判所に離婚調停の申し立てをする場合の進め方について関連ページ

離婚調停について
離婚調停成功マニュアルの特徴やポイントなどを解説!澁川良幸の離婚調停成功マニュアルをご紹介します。
離婚調停の流れについて
離婚調停成功マニュアルの特徴やポイントなどを解説!澁川良幸の離婚調停成功マニュアルをご紹介します。
色々必要な離婚調停の準備について
離婚調停成功マニュアルの特徴やポイントなどを解説!澁川良幸の離婚調停成功マニュアルをご紹介します。
離婚調停の期間について
離婚調停成功マニュアルの特徴やポイントなどを解説!澁川良幸の離婚調停成功マニュアルをご紹介します。